株式会社SKY(田島尋貴)のcolor(カラー)は稼げる封業?評価・評判

検証blog|副業・詐欺・口コミ

未分類

様々なメディアへの提供

投稿日:

対象がビジネスであれコンシューマであれ、商品やサービスを訴求するにあたって動画や写真の方が文章よりも効果的であることは言うまでもありません。
しかしながら、サービス提供側が全てを賄うことが非常に難しい状況です。そこでアウトソーシングをしてでも動画や写真の情報を集めると言う状況になっています。 
もちろん、一方的に発信する場合はプロカメラマン、映像制作会社の採用などによって対応可能ですが、いかに市場で活用されているかどうかを記録するところまでは難しいことが実態です。
そこで、クラウドソーシングサイトを通じて動画や静止画を記録した上で提供してほしいと言うオーダーが数多く案件として上がっています。
実際に、あらゆる店舗や事業場での記録撮影をクラウドにアップロードすることにより、事業のサポートを行うことがその業務のメインになってきます。
実際に業務を委託されて大規模で請け負う場合もあれば、非常に低い単価でクラウドソーシングサイト経由で個人が請け負う場合も出てくるのが実態です。
発注側としてはクオリティーを担保したいのであれば法人に依頼することの方が確実かもしれません。しかしながら単価を考えた場合にはクラウドソーシングサイトを通じ、個人から情報提供を得た方がメリットがある事は確かです。クオリティーを確認しながらレベルが高いものだけ採用する形にしても、ビジネスレベルで発注するよりはコストとしては優れているかもしれません。
実際に必要となるコンテンツはウェブサイトに利用したりSNSに利用するような用途が多く、高解像度でプロカメラマンのレベルが必要になることがないことも多いです。それゆえにクラウドソーシング経由で依頼しても問題ないことが多くなってきます。
そして、最近では企業の副業として許されるパターンもあり、ある程度撮影のテクニックを持ったビジネスマンやフリーのカメラマンがこのような仕事を受注し、実際の仕事のサポートとして収入を得るために活動をする場合もあります。
フリーの収入がなかなか少ない場合はこうした仕事でサポートを行った方がトータルでは非常に時間の活用方法も含めプラスに働くでしょう。
発注者と受注者のニーズが現場のところ非常にマッチすることが大きなポイントだと言えると思います。また今後も様々な業界やサービス、メディアが、展開される以上は需要は今後も広がっていく一方だと考えられると思います。 

-未分類

Copyright© 検証blog|副業・詐欺・口コミ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.